転勤が多い人におすすめの光回線は1社だけ!

      2016/12/20

転勤が多い人におすすめの光回線は1社だけ!転勤が多い人にとって『光回線選び』って大変ですよね。2年縛りが多いので、転勤が多いと違約金を支払わなければいけませんし、かといって自宅でパソコンを使うビジネスマンにとっては光回線を使わないというわけにはいきません。

正直なところ転勤族と光回線の相性は非常に悪いのですが(笑)、もしどれか一つを選ぶとすれば『auひかりauひかり公式サイトへ』がおすすめです。

auひかりがおすすめな理由

auひかりをおすすめする最大の理由は『転勤しても契約をそのまま引き継ぐことができる』からです。普通の光回線だと解約・再契約が必要なこともありますが、auひかりでは移転手続きだけで終わらせることができます

しかも、手続きはネットから簡単にできるので、忙しい人でも空いた時間にサッと終わらせることができます。縛りは他の光回線よりも長い『3年縛り』ですが、転居先でも使えれば関係ありせんので、フレッツ光などを選ぶよりかはお得に光回線を使えます。

ちなみに、解約金はかかりませんが工事費用は新しく支払う必要があります。工事費用は30,000円ですが、24回の分割として月額基本料金にプラスして支払うことが可能。

工事費用も無料にしてもらえれば助かるのですが、残念ながら工事費用は他の光回線でも必要になります。しかし、auひかりは元々の月額料金が業界最低水準ですので、その分はお得だと言えます。

auひかり フレッツ光 NURO光
月額料金 2,550円 3,730円 4,743円

どのペースで転勤するかにもよりますが、契約期間が長いほど月額料金によってお得になっていきますので、仮に新居で工事費用が30,000円かかったとしてもトータルでお得に利用することができます。

⇒auひかり公式サイトauひかり公式サイトへ

契約なしで光回線が使えるマンションを選ぶ

会社が用意するマンションへ住む場合はできませんが、自分で住居を選ぶ場合は契約なしで光回線が使えるマンションを選ぶのも一つの方法です。不動産で部屋を探すときに「設備あり」「導入済み」と記載されていれば、その部屋には最初から光回線が契約されており、毎月の賃貸料金に含まれていることになります。

ただ、「インターネット対応」「フレッツ光設備あり」「フレッツ光導入済みマンション」と記載されている場合は、自分で契約しなければいけないことがあります。あくまでも「うちでは設備・環境が整っていますよ」という意味ですので、契約しないといけないわけです。

自分で契約してしまうと、転居の際に自分で解約しなければいけませんし、工事費用や解約金を支払わなければいけなくなるので注意してください。

光対応のマンションかは不動産の担当者に「契約なしで光回線が使えるか?」と質問してみるのが一番確実。

auひかり公式サイトへauひかり公式サイトへ

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 一人暮らしの光回線について