引越しの当日にやること

      2016/11/16

引越しの当日にやること引越し当日は引越し業者に荷物を運んでもらうだけと思ったら大間違い!意外にやることはたくさんありますので、しっかりとやることを確認しておきましょう。


現住居の引越しでやること

1.引越し作業

引越し作業は全て引っ越し業者がやってくれるわけではありません。例えばハンガーにかかっている洋服などは、引越し業者が持ってくる専用のボックスに自分で入れます。

また、引越し作業はあなたがいなければ行う事ができません。大きな家具などは引越し業者に任せるのですが、あなたはそれをどこに運ぶかを指示しなければなりません。

引越し料金は引越し作業の前か後に支払うことになります。支払うタイミングは見積もりの時に営業マンから指示されるので、それに従いましょう。

2.引越し作業後の掃除

引越し作業が終わったら部屋の掃除をしましょう。大きな家具があった場所などは普段掃除ができないので結構汚れています。なので、雑巾やほうき、ちりとりなどの掃除道具をあらかじめ用意しておきましょう。

掃除が終わったあとはブレイカーを落とすことを忘れずに。ブレイカーがあがっていると引越し後も料金を支払わなければならないので注意してください。

また、ガスの元栓や蛇口が閉まっているかも念のため確認しておきましょう。

3.現住居の鍵を返す

引越し作業が終わったら部屋の鍵を閉め、鍵を返しましょう。鍵の返し方は大家さん、不動産に返す方法や郵便ポストに入れておく方法、後日郵送する方法などありますので事前に管理会社に確認しておきましょう。

新居の引越しでやること

1.新居の不備を確認する

新居に荷物が来る前に不備がないかを確認しておきましょう。破損や目立つ汚れはないか、水漏れがないかなどを確認して不備があったら不動産会社にすぐに連絡しましょう。

これらの不備は最初に連絡しておかなければ、次に部屋を出て行くときにあなたが不備を直すための料金を払わなければいけなくなります。

2.新居の掃除

荷物がない状態で掃除もやっておきましょう。押入れやシンクなどもしっかりと水拭きして、窓や戸を開けて換気をするように。煙のでない害虫駆除剤なども使っておくと虫に困ることもなくなるのでおすすめですよ。

3.引越し作業

荷物が届いたら家の中に荷物を入れてもらいましょう。荷物を入れ終わったら荷物が全てあるか、傷ついたり壊れたりしたものがないかを確認すること。

もし何か問題があれば必ず引越し業者に連絡をしましょう。引越し業者は補償してくれます。

4.電気・水道・ガスが使えるようにする

電気と水道はあらかじめ各利用会社に連絡をしておけば、すぐに使うことができます。

しかし、ガスは業者が栓を開けてくれるのに立ち会わなければ使用することができません。引越し作業の時間帯とかぶらないように上手く時間の調整をしておきましょう。

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 引越し準備