高速通信の王者!NURO光のメリット・デメリットを徹底解説

      2016/12/20

NURO光

光回線の中でも業界最高水準の速度を叩き出している『NURO光』。下り最高速度2Gbpsと、他の光回線の2倍近い速度が出るため、動画をたくさん見る方やオンラインゲームを楽しむ方から特に人気の固定回線です。

また、料金プランが非常にシンプルで安く余計なオプションもないので、速度を重視していない方でも利用する人が増えているのも特徴。

しかし、一方で対応地域が非常に狭いというデメリットもあったりするので、今回はNURO光のメリット・デメリットについて徹底解説していきたいと思います。引越しを機に光回線の契約・乗り換えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒NURO光 公式サイトへ移動したい方はこちらNURO光 公式サイトへ

NURO光のメリット

通信速度が爆速!最大2Gbpsの高速通信が使える

通信速度が爆速!最大2Gbpsの高速通信が使える
NURO光の特徴でもある『通信速度』。理論値はありますが最大2Gbpsまで出すことができ、光回線の中では2016年11月現在 最高速度となっています。実際に使用した時の通信速度は300Mbps~1Gbps(口コミを見てもこのあたりの速度が多いようです)ですが、今のネットなら300Mbpsも出ればストレスに感じることは絶対にありません

30Mbpsの通信速度でもyoutubeやHuluなどの動画サービスは全て1080pのHD画質で止まらずに見ることができますし、オンラインゲームでも読み込みが遅くてラグが発生することもありません。

言ってしまえば「持て余している」という状況なのですが(笑)、それでも300Mbps出れば数年先のネットの最新技術にまで対応できるので、ネット回線をあまり変えない方にはありがたいですね。

スマホでも早い!無線接続でも下り最大450Mbps

最近では「スマホをメインで使っている。パソコンはたまに調べ物するぐらい」という方も多いかと思いますが、NURO光では無線機能も無料で付属されており、速度も最大450Mbpsまで出すことができます。こちらも理論値なので、実際には100Mbpsぐらい出ている方が多いようです。

スマホで見る動画などはPCと比べて低容量ですので、100Mbpsであれば動画もWebサイトも止まることなく閲覧することができます。パケットを消費することなく無制限でネットを楽しむことができるので、スマホをメインで使う人にもおすすめです。

料金プランがシンプル!無駄なオプションはなし

光回線は「料金プランがややこしく、知らない間にオプションが付帯されていた」というトラブルが多いですが、NURO光の料金プランは非常にシンプルでややこしいオプションが一切ありません。ここも利用者から好評である理由ですね。

月額料金
(回線利用料・機器レンタル料
・セキュリティ料 込み)
4,743円
工事費用 40,000円 ⇒ 実質無料
初期費用 3,000円
契約期間 2年間
契約解除料 9,500円

NURO光は回線利用料・機器レンタル料・セキュリティサービス料など全て込みで月額4,743円で利用することができます。「基本料金が安いのに機器レンタル料とか入れたら割高になった」ということがないので、ありがたいですね。また、NURO光はプロバイダとの契約が不要なのでプロバイダ料も必要ありません。

工事費用は40,000円かかりますが、実際には30ヶ月分に分割されて月額料金に含まれていますので、実質無料となっています。この点は光回線ではよくあるサービスですね。一度に高額な工事費用を払え!と言われても引越しで手持ちが少ない場合だと利用できない人が多くなってしまうので、業界全体で「実質無料にしておこう」となっているようです。

初期費用は手数料として3,000円かかります。支払いは利用開始の翌月。こちらもどの光回線でも請求されるので支払っておきましょう。

契約期間は2年!2年以内の解約は解約金がかかります

契約期間は『2年』で、2年経つたびに自動更新されていきます。2年目以降(25ヶ月目以降)の解約であれば契約解除料は0円ですが、2年以内に解約した場合は契約解除料として9,500円かかります。

さらに、工事費用を30ヶ月分に分割して支払っているので、30ヶ月以内に解約した場合は残った工事費用もプラスで支払う必要があります。工事費用は月1,333円なので「1,333円 × 30ヶ月までの残り月数」が解約金に上乗せされます。

で、さらにややこしいのが「2年の自動更新期間外で解約すると契約解除料がかかってしまう」という条件があること。NURO光の自動更新期間は『利用開始から25ヶ月目』『『利用開始から50ヶ月目』・・・と2年の自動更新の初月のみであり、これ以外で解約すると契約解除料9,500が必要になります。

解約した月 トータル解約金
2年以内(24ヶ月以内) 9,500円 + 工事費用の残り月数分
25ヶ月目 0円 + 工事費用の残り月数分
26ヶ月目~30ヶ月目 9,500円 + 工事費用の残り月数分
30ヶ月目~48ヶ月目 9,500円
49ヶ月目 0円

↑こんな感じですね。契約解除料は他の業者よりは低めですし、途中解約で工事費用が請求されるのは他の業者でも同じなので、仕方ないと言えば仕方ないですね。光回線に限らずスマホでも更新月以外の解約は違約金を請求されますので、業界全体の慣習なのでしょう。

プロバイダ選びの必要なし!機械音痴でも安心

プロバイダ選びの必要なし
光回線では回線業者以外にプロバイダを選ぶ必要があります。プロバイダは利用者と光回線業者の仲介業者なのですが、中には「どのプロバイダを選べばいいか分からない」「手続きが面倒…」という方もいるかと思います。

しかし、NURO光ではプロバイダは不要ですので契約の必要もありません。機械音痴の方にとっては余計な手続きがなくなるので、かなり利用しやすくなります。

難しい設定なし!LANケーブルを繋ぐだけで使える

難しい設定なし!LANケーブルを繋ぐだけで使える

NURO光では、送られてくる『ONU(ルーターのようなもの)』と『LANケーブル』と『パソコン』を繋ぐだけでネットを使うことができます。普通だとややこしい設定があるのですが、NURO光ではそういった難しい設定を一切なしで使用することができます。この点も機械音痴の方にとってはありがたいですよね。

キャッシュバックが簡単に受け取れる

光回線はキャッシュバックを行っていても条件が厳しく受け取れないというトラブルが多いです。しかし、NURO光は30,000円の高額キャッシュバックを難しい手続きなしで、ほぼ確実に貰うことができます

やることは↓下記ボタンの公式申込ページから申し込みをして、キャッシュバック受取口座の登録をするだけ。これだけで利用開始から4か月後に3万円を振り込んでもらうことができます。引っ越しや回線契約で手持ちが少なくなっている状態で3万円はかなりデカいですから、必ずゲットしましょう!

また、NURO光は代理店が販売していることもありますが、キャッシュバックが高額でも条件が厳しい場合が多いので注意!さらに、公式サイトでも下記ボタンの公式申込ページ以外からだとキャッシュバックを受け取れないので注意してください。

NURO光のデメリット

NURO光の料金や速度、使いやすさに関するメリットをチェックしたところで、デメリットも見てみましょう。

対応地域がとにかく狭い!6階以上のマンションも使えない

NURO光の唯一にして最大のデメリットが『対応地域の狭さ』。2016年11月現在でも東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(水戸)・栃木・群馬にしか対応していません

さらに、建物にも制限があり、6階以上のマンションでは利用することができません。たとえ2階に住んでいたいとしても、建物自体が6階以上のマンションであれば、利用できません。

この点はかなりデメリットですよね。フレッツ光なら全国90%のシェアですし、auひかりも全国70%のシェアですので、今の時代「関東だけ」というのは少し不便です。

スペックや料金は魅力的ですが、もし関東以外に引越しをされる場合はauひかりがおすすめ。通信速度は落ちてしまいますが、月額料金はNURO光よりも1,000円近く安く使えますし、料金プランもシンプルなのでNURO光に負けないぐらい使いやすいです。

逆に対応地域内で通信速度も求める方であれば、NURO光を選んでおけば理想通りのネット環境を整えることができるでしょう。

↓高額キャッシュバックが受け取れるのはコチラ↓
NURO光 公式サイトへ移動するNURO光 公式サイトへ


NURO光 公式サイトへ

NURO光 公式サイトへ

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 一人暮らしの光回線について