荷物の少ない単身引越しをお得にするコツ

   

荷物の少ない単身引越しをお得にするコツ荷物が少なければ、ある程度の長距離引越しでも比較的安い費用で引越しをすることが可能です。さらに、荷物が多ければ引越し業者一択になる選択肢も、荷物が少なければ『赤帽』『宅配便』『引越し業者(単身パック)』『引越し業者』の4つに広げることができます。

それぞれの引越し費用と運べる荷物量の関係は以下のとおり。

宅配便 赤帽 単身パック 引越し業者
引越し費用 安    ←←← →→→    高
荷物量 少    ←←← →→→    多

荷物の少ない単身引越しでは、この4つの方法の中で自分の荷物量に一番合った方法を選ぶことがお得に引越しをするためのコツです。以下では、それぞれの荷物量目安と注意点をご紹介していきますので、自分に合った方法を見つける参考にしてみてください。

ダンボール10個以下の荷物量なら『宅配便』がおすすめ

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)のような宅配業者の宅配便を利用すれば、一番格安で引越しをすることができます。荷物量はダンボール10個以下が目安。ダンボールの数が10個以上になってしまったり、タンスや洗濯機・ベッド・ソファーなど大型家具・家電があると料金が1万円単位で増加してしまうので、引越し業者に割高になってしまうので注意

例えば、東京と福岡間の輸送を考えた場合、洗濯機の輸送量は約12,000円、ベッドの輸送量は約26,000円かかります。

『お得な引越し方法は少しでも荷物量をオーバーすると割高になってしまう』という傾向にありますので、引越し前にしっかりと荷物量をチェックしておきましょう。

同一都道府県内の近距離引越しなら『赤帽』

同じ都道府県内への引越しなら赤帽もお得。自分も引越しを手伝わなければいけないことと、新居までの移動はトラックに乗って赤帽業者と一緒に移動しなければいけないということで、男性だけにおすすめなのですが、同一都道府県内なら上手くいけば2万円台の引越しも難しくありません。

赤帽で運べる荷物量は軽トラック1台分

  • 長さ:1940mm
  • 幅:1410mm
  • 高さ:1290mm
  • 最大積載量:350kg

冷蔵庫、洗濯機、TV、こたつ、自転車、扇風機、衣装ケース(6個)、整理タンス、レンジ、布団(1組)、掃除機、ダンボール(10個)で、だいたいいっぱいになるぐらい。平均的な一人暮らしの荷物量ですね。ベッドやデスクトップPC用の大きなテーブルがあると厳しいです。

赤帽も荷物量がオーバーするとトラック2台分が必要になり料金も2倍になるので、荷物量には注意しておきましょう。また、都道府県を越えてしまうと対応していない場合も多いので、県外への引越しの場合は引越し業者を利用するようにしましょう。

安心して引越しを任せたいなら単身パック

Sサイズ Lサイズ
指定なし 平均39,542円 平均41,604円
~15km以内
(市町村区内)
平均22,120円 平均23,120円
~50km以内
(都道府県内)
平均24,120円 平均25,860円
~200km以内
(同一地方内)
平均26,590円 平均27,220円
~500km以内
(近隣地方)
平均56,880円 平均61,800円
500km~
(遠距離地方)
平均68,000円 平均70,020円

荷物量の目安

  • Lサイズ:冷蔵庫(2ドア)、洗濯機(4kg)、電子レンジ、ダンボール10箱、布団、スーツケース1個、衣装ケース3個
  • Sサイズ:ダンボール15箱、衣装ケース3個、布団

※ダンボールは350mm×430mm×310mm、衣装ケースは380mm×740mm×220mmとする

引越し業者が単身引越し者を対象にして提供しているサービス。相場と荷物量の目安は上記のとおり。業者によって微妙に違いはありますが、上記の荷物量をオーバーしてしまうと追加料金を請求されると考えておいた下さい。

普通の引越し方法と比べた時の単身パックのメリットは、料金が安くなること。平均して1万円ほど安くなります。しかも、赤帽と違って自分で作業をする必要がなく、プロに任せることで荷物や部屋の壁に傷がついてしまう心配もなくなります

他の引越し方法と同じく、こちらも少しでも荷物量をオーバーしてしまうと料金が2倍になってしうので注意しておきましょう。

また、利用できる引越し距離が業者によって決まっているので、引越し前に確認しておくこと。

業者名 引越し可能距離 引越し費用
ヤマトホームコンビニエンス
(クロネコヤマト)
全国可能 同一市内、関東エリア:17,000円
その他の地域:14,000円~
日本通運 全国可能 17,000円~
ハトのマーク 片道200km以上 東京⇔大阪:24,000円
サカイ引越センター 関東⇔関西のみ 要見積もり
SGムービング 同一市内のみ 21,000円~

単身パックを提供している有名引越し業者を例に表にまとめましたが、全国どこでも可能なのがヤマトホームコンビニエンス日本通運、それ以外は長距離限定だったり短距離限定だったりします。料金的にもヤマトホームコンビニエンスと日本通運が最安値になることが多いですが、一括見積もりをしてからどちらが最安値か比較してみてください。

また、単身パックを利用する際も訪問見積もりで営業マンが「荷物がオーバーしないか」チェックしますので、一括見積もりで料金の安かった3社ぐらいに絞って訪問見積もりを依頼すると、忙しくてもスムーズにお得な引越し業者が決められますよ。

最近では格安引越しもできる引越し業者

荷物量が単身パックの上限よりも多い場合は、普通の引越し業者引越しがおすすめ。最近では単身引越しなら格安で引越すことも可能ですので、思っていたほど費用はかかりません。

単身パックと同じく、少しでもお得に引っ越すのであれば一括見積もりを利用しましょう。全国の大手から中小引越し業者まで一斉にWeb上で見積もりを取ることができ、2分~3分で最安値10社ぐらいの見積もりを確認することができます。

その中で、さらに良さそうな3社ぐらいに絞って訪問見積もりを依頼し、一番安く引越しをできる業者に依頼することでお得に引越しをすることができます。

また、複数社に訪問見積もりを依頼して「他の業者さんの方が安いので、そちらにします」と伝えることで、営業マンが1万円以上割引してくれることも珍しくありません。1社にしか依頼していない場合引越し業者に言われた費用が「高いのか」「安いのか」の判断もしづらいので、一括見積もりで格安な業者をいくつか見つけておきましょう。

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 単身引越しのコツ