引越し見積もりのコツ

   

引越しするときできることなら安く費用を抑えたいですよね。大学生や新社会人なんかだと自分だけで引越しをするのも初めてで、実際に引越し見積もりを取ると「えっ!引越しってそんなにかかるの!?」と驚くこともあるかと思います。実は私も初めて自分で見積もりを取ったとき、一人暮らしの引越しなのに10万円近くかかると言われて驚いたことがあります。

しかし、これは引越しの罠

引越しというのは一人一人荷物量や運ぶ距離が違うため厳密な料金基準がありません。そのため引越し業者が提示した値段が高いのか低いのかというのは分かりづらく、引越し業者はそれを理解したうえであえて高い料金を提示してきます。

ハッキリ言って、引越し見積もりのコツをしておかなければ数万円損をしてしまうことも十分にあるので、見積もりを取る前にしっかりとおさえておきましょう。

一つの引越し業者だけに見積もりを依頼をしない

先ほども書いたとおり、引越し見積もりには正確な値段がないため、一つの引越し業者だけに見積もりを依頼すると料金が高いのか低いのかということは分かりません。

そこで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することで、料金を比較し相場を見分けることができます

ネット上では複数の引越し業者に一斉に見積もりを依頼できるサービスもあり、簡単に見積もりを取ることができます。複数社に見積もりを依頼した後、実際に業者に自宅に訪問してもらい見積もりをしてもらうので、何社も自宅に来るのは面倒だという部分はありますが、この作業をしないだけで数万円損をしてしまうと考えれば安いものです。

私の先ほどの体験談で言うと、最初10万円を提示されましたが、次の業者の見積もりで8万円にしてもらい、その見積額を最初の業者に伝えることで67,000円まで値下げしてもらうことができました。最初は10万円と言われ両親に引越し費用の援助を連絡しただったんですけどね(笑)。「あんたバカじゃないの?」ということで、複数社の見積もりのコツを教えてもらいました(笑)

複数の業者で見積もりをする

訪問見積もりのときに言われた通りの値段に納得しない

ネットで複数社に見積もりを依頼すると、自宅に営業マンが訪問してきて見積もりを出してくれます。荷物量やどこまで運ぶのかを聞いて料金を提示してくるのですが、この段階では契約せずに、一度営業マンに帰ってもらうのが鉄則。

なかなか帰ってくれない営業マンもいますが、「この後予定があるので・・・」「次の業者さんにも見積もりを依頼しているので・・・」と言えば比較的簡単に帰ってもらうことができます。

引越しが多い1~3月は「今決めてくれないと、うちは予定がいっぱいになって依頼できなくなりますよ!」と言ってくる営業マンもいますが、他社に見積もりを取ってもらった後でも十分に間に合いますので気にする必要はありません。

帰っていくときに「他社から見積もりが出たら連絡してください」と言って帰るので、実際に3~4社で見積もりを出してもらったら、それぞれの業者に連絡をして見積額を伝えましょう。そうすると勝手に引越し業者同士が値引き合戦をはじめるので、何もしなくてもかなり安い料金で引越しすることができます。

最初から値引きしてくれる業者もいるが、信用してはいけない

引越し業者によっては、最初から「料金を提示して、その料金から値引きをしてくれる」という場合もありますが、実はこの値引きは意味がなく値引きされた値段がスタートだと考えてください。
値引きされるとお得に感じますが、それは引越し業者の常套手段なので騙されないように!
必ず複数社で見積もりを取ってから、業者を決めること。

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 単身引越しのコツ