単身引越しの見積もり相場まとめ【距離別/時期別】

      2016/11/19

単身引越しのときに一番気になるのが引越しの料金なのではないでしょうか。引越しの料金は、荷物量新居までの移動距離によって決まるので人によって違ってくるのですが、ここでは管理人が実際に引越し業者に聞いた相場をご紹介します。

■繁忙期(3月~4月)の料金相場

単身(荷物小) 単身(荷物大)
指定なし 平均46,528円 平均58,746円
~15km以内
(市町村区内)
平均40,640円 平均49,838円
~50km以内
(都道府県内)
平均39,047円 平均51,510円
~200km以内
(同一地方内)
平均53,512円 平均59,358円
~500km以内
(近隣地方)
平均43,380円 平均74,035円
500km~
(遠距離地方)
平均59,594円 平均67,638円

■通常期(5月~2月)の料金相場

単身(荷物小) 単身(荷物大)
指定なし 平均41,387円 平均52,463円
~15km以内
(市町村区内)
平均33,164円 平均42,196円
~50km以内
(都道府県内)
平均34,284円 平均45,553円
~200km以内
(同一地方内)
平均46,058円 平均56,725円
~500km以内
(近隣地方)
平均61,255円 平均68,644円
500km~
(遠距離地方)
平均55,746円 平均79,015円

■単身パックの相場

Sサイズ Lサイズ
指定なし 平均39,542円 平均41,604円
~15km以内
(市町村区内)
平均22,120円 平均23,120円
~50km以内
(都道府県内)
平均24,120円 平均25,860円
~200km以内
(同一地方内)
平均26,590円 平均27,220円
~500km以内
(近隣地方)
平均56,880円 平均61,800円
500km~
(遠距離地方)
平均68,000円 平均70,020円

荷物量の目安

  • 荷物大:テレビ(32インチ)、冷蔵庫(2ドア)、洗濯機(4kg)、電子レンジ、ダンボール10箱、布団、スーツケース1個、衣装ケース3個、机、椅子
  • 荷物小、Lサイズ:冷蔵庫(2ドア)、洗濯機(4kg)、電子レンジ、ダンボール10箱、布団、スーツケース1個、衣装ケース3個
  • Sサイズ:ダンボール15箱、衣装ケース3個、布団

※ダンボールは350mm×430mm×310mm、衣装ケースは380mm×740mm×220mmとする

荷物量は上記を目安に計算しています。料金の安さで言えば単身パックが魅力的ですが、運べる荷物量の上限がかなり制限されていますので、その点は注意が必要です。少しでもはみ出してしまうと運べませんからね。

同一市内であれば『~15km以内』、都内や県内であれば『~50km以内』、東京・千葉のような隣県なら『~200km以内』、大阪・東京や福岡・東京のような長距離は『500km~』の項目を参考にしてみてください。

引越しの仕方によっても引越し料金は変わる

上記では引越し業者を使った引越しの料金相場をご紹介しましたが、単身引越しは主に「レンタカーで自分で引越し」「赤帽の引越し」「引越し業者の引越し」の3つの引越しの仕方があります。

相場 メリット デメリット
レンタカー引越し 25,000円~40,000円 ・引越し料金を安く抑えられる
・自分の都合で引越しができる
・全て自分でやらないといけないので労力が大変
・荷物や建物に保障がない
・友人などに手伝ってもらった場合お礼をしなければならない
赤帽引越し 10,000円~30,000円 ・引越し料金が格安
・引越し先までトラックに乗って一緒に行ける
・個人事業主なので融通がきく
・引越し作業を手伝わなければならないので女性は不向き
・軽トラックしかないので荷物量が多いと運べない
・個人事業主なので業者ごとに当たり外れがある(態度が悪い業者など)
業者引越し 13,000円~60,000円 ・仕事が丁寧
・荷物や建物に対して保障がしっかりしている
・ダンボールなどをタダでもらえる
・引越し作業をする必要がない
・引越し料金が高い
・自分の引越ししたい日に引越しできない場合がある
・引越し業者によって当たり外れがある

引越し方法別の単身引越しの料金の相場は、このような感じです。注意しておくことは、ただ安い料金で引越しをしたいがために安易に引越しの仕方を選んでしまわないこと。それぞれの引越しの仕方にはメリット・デメリットがありますので、しっかりと確認しておきましょう。

レンタカー引越し

単身引越しで同一市内なら、レンタカーで自分で引越しをされる方もいます。この場合、2tアルミコンテナ付きのトラックを一日借りるとすると、17,000円のレンタカー代がかかります。そのうえ、ガソリン代も必要となります。

また、単身引越しの場合は一人で荷物を運ぶのは大変なので友人に協力してもらうこともありますね。その場合は、手伝ってくれた友人に外食に行ってごちそうするのが普通ですので、全ての料金を含めると3~4万かかるのが相場でしょう。

レンタカーで自分で引越しをする場合は料金が安くすむというメリットがありますが、引越し作業がとても大変だというデメリットがあります。なので、近距離での引越しや遠くてもせめて同じ県内での引越しの方だけにおすすめだと言えます。県外への引越しの場合は引越し料金と労力の割が合わないので、あまりおすすめできません。

赤帽引越し

赤帽の写真赤帽の引越し料金には時間制距離制の2種類の料金システムがあります。

時間制は2時間以内に引越しが終われば10,000円~12,000円が相場で、それ以降は30分ごとに1,500円~1,600円加算されます。

距離制は40km以内ならば12,000円~13,000円が相場で、それ以降は100kmまでは10km毎に1,700円、100km以降は10km毎に1,200円~1,300円加算されます。

また、土日祝日はどちらも料金が2~3割増しとなります。

赤帽は引越し業者に比べて引越し料金が格安なのがメリット。さらに、赤帽のドライバーは個人事業主ですので、融通がききやすいのもメリットですね。引越しのトラックに一緒に乗って引越し先まで行けるので、交通費の節約をすることもできます。

デメリットは軽トラック分の荷物量しか運べないこと、搬入・搬出などの引越し作業を手伝わなければいけないこと。赤帽は作業員が一人なので引越し作業を手伝わなければならないのですが、冷蔵庫や洗濯機など重いものも運ばなければいけないので、女性はあまりおすすめできません。

また、赤帽は引越しのプロというわけではないので養生があまくなったり、搬入・搬出中に壁や家具に傷をつけてしまう場合もあるので注意してください。

引越し業者引越し

引越し業者によって値段は違うのですが、相場は5~6万円です。福岡・東京のような長距離なら7~8万円といったところでしょう。

単身引越しの場合は荷物量から2tトラックと作業員2人程度で見積もられ、荷物量が増えるにつれて作業員の数が最大5人ぐらいまで増えていきます。当然、作業員が多いほど費用も高くなりますので、引越しの時はなるべく荷物量を減らしておくのがおすすめです。

単身引越しで引越しの料金を抑えたい場合は、単身パックを利用するのが良いでしょう。単身パックの内容は引越し業者によって異なりますが、どの業者も比較的に安い料金で引越しをすることができます。学生なら学割パックなどもありお得です。

単身パックは最初から運べる荷物量が決まっているので、引越しの時にその荷物量を超えてしまうと追加料金をとられてしまうので注意しましょう。大型の家具はトラックのサイズが大きくなってしまう原因になりますので、新居で新しく購入するのもいいと思います。

単身引越しの場合は引越しの日程などの融通がききやすいはずですので、引越しが少なくなる平日にしたりすることで引越しの料金を割り引きしてくれることがあります。

格安で引越ししたいなら?

料金が安いからといって安易にレンタカーや赤帽などで引越しをすると、引越し業者での引越しより割高になるので注意してください。結論を言えば、引越しは引越し距離と荷物量に合わせて引越し方法を変えるのが一番賢い方法だといえます。

格安で引越すなら引越し方法を変えよう

  • 同じ市町村内での引越し程度の短い引越し距離や、荷物量が軽トラック1台分ほどの場合はレンタカーや赤帽での引越しがおすすめ
  • それ以外は引越し業者に頼んだ方がお得

現在は引越し業者でも単身パックなどで1万円台の引越しが可能ですので、長距離の引越しや荷物量が多い方は引越し業者が良いでしょう。一括引越し見積もりサイトを利用して数社から見積もりをとれば、手軽に格安の引越し業者を見つけることができます。

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 引越し見積もりについて