単身引越しの方法は全部で3つ!それぞれのメリット・デメリット

      2016/11/20

単身引越しの方法は全部で3つ!それぞれのメリット・デメリット単身引越しをする際、「1.自分で引越し(レンタカーを使う)」「2.引越し業者を利用する」「3.軽貨物運送(赤帽)を利用する」の3つの方法から選ぶことができます。一般的には「2.引越し業者を利用する」という引越し方法を利用するものですが、単身引越しの場合は荷物量が少ないため「1」や「3」の方法で格安引越しをする方もいます(その分、労力が必要となりますが)。

そこで今回は、それぞれの単身引越しのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

【関連ページ】

自分で引越しする(レンタカーを使う)方法

単身の引越しで荷物が少ない場合は、軽トラックをレンタルしてきて自分で引越すことで、引越しの料金を安くすることができます。引越しを手伝ってくれる友人や家族がおり、新居までの距離が短く車で往復が可能である場合は、自分で引越しした方が引越し代を安く済ませることがでます。

必要最低限なものはレンタカーとガソリン代ぐらい。それから手伝ってくれた人へのお礼として、ご飯をご馳走する代金ぐらいでしょうか。

自分で引越しをする際に注意したいことは、引越しの作業が雑になり荷物や部屋が破損することです。引越し業者に引越しを依頼すれば、プロですので荷物や部屋が破損したり傷ついたりすることはありません。

しかし、自分でやる場合はどうしても手伝ってくれる人を含め素人ですので、破損したり傷がつく確立が高くなってしまいます。特に部屋に傷がついてしまった場合は、修繕費として退去時に請求されることもあります。

引越し業者を利用する方法

荷物が多かったり新居までの距離が遠い場合は、引越し業者を利用して引越すのがおすすめ。全体の90%以上の人が引越し業者に依頼して引越しを行います。

引越し業者を選ぶ際は、一括引越し見積もりをとって各業者を比較検討するのが一般的。見積もりは『引越し費用を算出してもらうこと』ですが、引越しは荷物量移動距離によって引越し費用が変動するため、明確な価格設定がされていません。

そのため、一括見積もりで複数社の引越し業者に見積もりを取ってもらい、一番安い引越し業者に依頼することで引越し費用をグッと抑えることができるわけです。一括見積もりはスマホやパソコンを使ってネットからでき、無料ですので、ぜひ利用してみてください。

⇒一括見積もりできるサイト『引越し価格ガイド』引越し価格ガイド公式サイトへ

引越し業者に引越しを依頼すれば、引越しのプロですので荷物が破損したり、部屋が傷つくこともほとんどありません。

注意するべき点としては、多くの人が利用するので早めに契約して引越し日を抑えておかなければ、自分が引越したい日に引越せないということ。2月下旬から4月の中旬までは新入生・新入社員・転勤で一斉に引越しが始まりますので、12月~1月の間に見積もりを取って、契約まで終わらせておきましょう。

軽貨物運送(赤帽)を利用する

赤帽の画像赤帽は、作業員1人と軽トラックを利用して引越しする方法。引越し業者だと、作業員が全ての作業をしてくれますが、赤帽の場合は自分も軽トラックに荷物を運ばなければいけません。

荷物の運び込みが終われば、作業員と一緒に軽トラックに乗り、引越し先まで移動します。そのため、県をまたいで引越しをする場合にはおすすめできません

また、搬入作業があることを考えれば女性にもおすすめできません。自分が作業する分、引越し費用は業者を使った時よりも格安になりますが、体力的に余裕がある方以外は辞めておいた方がいいでしょう。

自分に合った引越しをしよう!

以上が単身引越しの方法のメリット・デメリットです。基本的な考えとしては「自分で作業すれば引越し費用を抑えられる」というものですね。単身の引越しだと学生や働き始めたばかりで「お金がない…」という方も多いでしょうから、自分の体力と費用を上手に見極め、自分に合った引越し方法を選びましょう。

相場 メリット デメリット
レンタカー引越し 25,000円~40,000円 ・引越し料金を安く抑えられる
・自分の都合で引越しができる
・全て自分でやらないといけないので労力が大変
・荷物や建物に保障がない
・友人などに手伝ってもらった場合お礼をしなければならない
赤帽引越し 10,000円~30,000円 ・引越し料金が格安
・引越し先までトラックに乗って一緒に行ける
・個人事業主なので融通がきく
・引越し作業を手伝わなければならないので女性は不向き
・軽トラックしかないので荷物量が多いと運べない
・個人事業主なので業者ごとに当たり外れがある(態度が悪い業者など)
業者引越し 13,000円~60,000円 ・仕事が丁寧
・荷物や建物に対して保障がしっかりしている
・ダンボールなどをタダでもらえる
・引越し作業をする必要がない
・引越し料金が高い
・自分の引越ししたい日に引越しできない場合がある
・引越し業者によって当たり外れがある
引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 単身引越しのコツ