大学生の引っ越し挨拶の仕方

      2016/11/09

挨拶
引っ越しをした際に行う「引っ越しの挨拶」ですが、「一軒家の場合は必要そうだけどマンションやアパートで、さらに大学生なのに必要なの?」と思う方もいるかもしれません。

結果から言えば大学生の場合は「どちらでもよい」です。
少し適当な回答に思われるかもしれませんが、これには理由があります。

訪問しても会えないことがある

大学生は授業やバイト、サークルなどの関係により一人一人の生活サイクルが異なります。

なので、いつ在宅しているのかが分からず、一般的な家庭などの場合はだいたい夜間にいることが多いのですが、大学生の場合は例えばアルバイトで深夜にしか帰ってこないということもあります。

また、昼間に訪問しても、あなたのことを知らないのなら「知らない人だから出なくてもいいや」と思われ、居留守を使われてしまうこともあります。

以上のことから、わざわざ引っ越しの挨拶をしなくても大丈夫だといえます。
廊下などですれ違ったり出くわした際に「こんにちは」などの普通の挨拶をするだけでも普通に生活していく分には支障はないでしょう。

引っ越しの挨拶をする場合

どこまで挨拶に行けばいいの?

挨拶には両隣と真下、真上の部屋の人に挨拶に行くのがベストです。

挨拶は「隣(真上、真下)の部屋に引っ越してきたものです。生活音などで迷惑をかけてしまうことがあるかもしれませんがよろしくお願いします。」といった内容の挨拶が良いでしょう。

近所トラブルで一番多いのが騒音の問題ですが、挨拶をしておくことであなたの存在を知ってもらい、相手に牽制をしておくことができるので、騒音の問題も起きにくくなります。

特に上の階の人には一方的に足音などの騒音を受けることになるので、挨拶しておくのがおすすめです。

何を渡せばいいの?

挨拶と一緒に渡すものは「生活用品として使用するもの」をあげるのがポイント。
例えば、石鹸やタオル、食器洗剤、洗濯洗剤などがいいでしょう。

値段も100~300円とあまり高額なものをあげる必要もありません。

もし家にいなかったら?

相手が在宅していない場合はドアのノブにかけておくのがいいでしょう。
その時に手紙などで引っ越しの挨拶を添えておくことも忘れずに。

いつ挨拶すればいいの?

挨拶のタイミングは、引っ越し作業の前にしておくのが一番いいでしょう。
「隣に引っ越してきた○○です。今日は引っ越しでお騒がせします。よろしくお願いします。」といった風に挨拶しておきましょう。

もし引っ越し作業前に挨拶できなかった場合は、引っ越しをして3日以内に挨拶をしに行くことを心がけましょう。

まとめ

最初にも書きましたが大学生の引っ越しの挨拶は自由です。
人によってはする人もいるし、しない人もいます。

もしどっちにすればいいか迷った場合は大家さんに聞いてみるといいでしょう。

また女性の場合は一人暮らしをしているのが知られると防犯上良くないという見方もできますので、挨拶をしに行く場合は十分に考えてから挨拶をしに行きましょう。

参考:≫大学生が1万円台の格安引っ越しをする方法

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 大学生 引っ越し