ベストな大学生引っ越し時期

      2016/11/17

ベストな大学生引っ越し時期『大学生の引っ越し』と言っても、入学なのか、在学中なのか、卒業なのかによってベストな引っ越しの時期が違います。管理人は全ての時期の引っ越し経験がありますが、引っ越しはタイミングを逃すととんでもなく不自由な引っ越しになるし、料金も割高になるということを身を持って経験しました。

そこで今回は、入学、在学中、卒業の3パターンに分けてベストな大学生引っ越し時期をご紹介したいと思います。

入学時の引っ越し

高校から大学に進学する場合、引っ越しの時期は3月から遅くても4月あたりが一般的。しかし、この時期は引っ越しの繁忙期なので、引っ越しできる日程が埋まりやすく、全体的に引っ越し費用が割高になる傾向にあります。

両親に引っ越し費用を払ってもらえるのであれば、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、もし引っ越し費用を安く抑えたいのであれば、以下のポイントを満たすようにしましょう。

引っ越し費用を安く抑えるポイント

  • 入試前(1月あたり)の段階で引っ越し見積もりをする
  • 家電は現地で調達する
  • 平日に引っ越しをする
  • 一括見積もりで一番安い業者を選ぶ

入試前に見積もりを取るのは難しいですが、絶対に受かる自信と住む地域の目星を付けているのであれば、見積もりを取ることが可能です。1月はほとんどの人が見積もりを取っていないので、自由に引っ越し日程を決めることができますし、引っ越し費用も安くしてくれる傾向にあります。

家電を現地で調達するのは、荷物を減らすため。引っ越し費用は「荷物量」と「配送距離」によって決まるので、荷物量を減らすことで引っ越し費用を安くすることができます。

休日は引っ越しをする人が多いので、平日に引っ越しをすることで少し割り引いてもらうことができます。管理人の経験だと、98,000円 ⇒ 89,000円に値引きしてもらったことがあります。

一括見積もりは、一度に複数の引っ越し業者に見積もりを取れるサービス。ネットから無料で利用できて、一番安い引っ越し業者を1~2分程度で知ることができるので、安く引っ越ししたいときに便利です。

以上が引っ越し費用を安く抑えるポイント。

また、この時期は部屋探しも難しく、いい部屋からどんどん入居者が決まっていくので、合格発表が終わったらすぐにでも部屋探しを始めるのがポイントです。なかには合格発表後そのまま部屋探しを始める人もいます。

同時に引っ越し業者に引っ越しの依頼をできる日も少なくなってしまい、自分が引っ越しをしたい日や時間に引っ越しができなくなってしまいます。なので、早めに引っ越し見積もりを行い、引っ越し業者を決めましょう。

⇒引っ越しの一括見積もりはこちら

在学中の引っ越し

在学中なら引っ越しが重なる3~4月を避けて9月に引っ越しをするのがおすすめです。9月は人事異動を行う企業が多く社会人の引っ越しが多い時期ですが、3~4月のに比べれば少なく、さらに大学生ならば夏休みの最中なので引っ越しもしやすいといえます。

部屋探しも、この時期に入居者が決まらない部屋は年明けまで空き部屋のままであることが多いので、家賃の交渉などを行いやすいです。

夏の引っ越しが難しい場合は、12月や1月の引っ越しがおすすめ。2月以降は新入生・新社会人・転勤などで引っ越しが被るので、少し早めに引っ越しをしておけば繁忙期に巻き込まれず、格安で引っ越しをすることができます。

卒業時の引っ越し

卒業時は卒業式の前に引っ越しをしておくと、格安の引っ越しができるのでおすすめです。卒論との兼ね合いもあると思いますが、2月下旬から4月までは引っ越しが多く引っ越し料金も割高なので、早めに取り掛かりましょう。

引越しの流れが分からない方は、以下のページを参考に。

アパートの退去手続きをはじめ、住民票の移動や、車やバイクのナンバープレートの返還手続きなど引っ越し以外にもやることは多いので、1月ぐらいから少しずつ引っ越しの準備を始めていきましょう。

もし2月から引っ越しの準備を始めた場合は、早くしないと引っ越しできる日がどんどん限られてしまいます。管理人も経験がありますが、2月に引越し業者に見積もりを取ると「3月は13日と22日しか空いてません」と、全く引越しできる日が空いていない場合もあります。

なので、まずは引っ越し一括見積もりをして引っ越し業者を決めましょう。

格安で引っ越すなら物件探しは夏がおすすめ

夏
大学在学中の方しかできないのですが、格安で引っ越しをしたいなら物件探しは夏が一番おすすめです。
理由は2つ

  • 物件が少ない分、家賃が安く値引き交渉もしやすい
  • 引っ越しをする人が少ないので、不動産業者が親身になって部屋探しをしてくれる

4月までには新入生も無事に引っ越しを終えて、5月からは引っ越しをする人が極端に減るため、不動産屋にとっては一番の閑散期です。しかし、その分一人一人のお客さんが大切ですから、繁忙期である1~4月に比べて親身になって部屋探しをしてくれます。

また、この時期になると大家さんも部屋が空き部屋のままでは困るので、1~4月の繁忙期に比べて安い家賃に設定したり、値段交渉にも応じてくれやすくなります。

引っ越し業者も閑散期になりますので引っ越し費用が安くなります。なので、引っ越し全体で費用が安くすむので、特に急ぎの理由がなければ夏に引っ越しをするのがおすすめです。

引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 大学生 引っ越し