赤帽引越しのメリット・デメリット

      2016/11/20

赤帽引越しのメリット・デメリット赤帽は軽トラック1台と作業員一人が基本で、自分も引越し作業を手伝わなければいけません。ですので、短距離引越しで荷物量も少ないという方におすすめです。

赤帽引越しのメリットは引越し費用が格安であること。

デメリットは、搬入・搬出などの引越し作業を手伝わなければいけないことです。


赤帽引越しのメリット

1.引越し費用が格安

赤帽は近距離ならば10,000円程度で引越しできるので、引越し費用を格安に抑えることができます。しかし、引越し先が遠くなる程引越し費用は高くなっていくので、遠距離引越しの場合は注意してください。

また運ぶ荷物の量も軽トラック1台分までなので、荷物の量が多い場合は不要なものを捨てたり売ったりして減らすようにしましょう。

2.引越し先まで一緒のトラックに乗せて行ってもらえる

赤帽の引越しの場合、軽トラックに一緒に乗って引越し先まで行くことができます。引越し先が少し離れたところなら交通費を節約することができるので、お得です。

3.個人事業主なので融通がききやすい

赤帽は引越し業者というわけではなく個人事業主なので何かと融通がききやすいです。引越し日や時間帯など、忙しいと決まった時しか引越しできない方もいるかと思いますが、そういった時に赤帽が役立ちます。

赤帽引越しのデメリット

1.引越し作業を手伝わなければならない

赤帽は作業員が一人ですので、あなたも搬入・搬出などの引越し作業を手伝わなければなりません。洗濯機や冷蔵庫など重たいものも運ばなければいけませんので、女性には不向きだといえます。

また赤帽の作業員は引越しのプロというわけではないので、養生が甘かったり引越し作業中に建物や家具に傷をつけてしまうことも十分ありますので気をつけてください。

2.運べる荷物量が少ない

赤帽は軽トラック分の荷物量しか運ぶことができません。

赤帽で運べる荷物量

  • 長さ:1940mm
  • 幅:1410mm
  • 高さ:1290mm
  • 最大積載量:350kg

一人暮らし分の荷物量だと問題なく乗せることができますが、もし趣味で大きなピアノを持っていたり、ギターをたくさん持っていたり、ロードバイクがある、32インチ以上のテレビと大きなスピーカーがある、といったように一般の人が持っていないような荷物がある場合は、荷物量に注意しておきましょう。あらかじめ全体の大きさを測り、上記の荷物量に収まるかチェックしておくと当日も問題なく作業が進むかと思います。

もし超えてしまう場合は、不必要なものを売ったり捨てたりして荷物量を減らすようにしましょう。

3.業者に当たり外れがある

赤帽は個人事業主ですので業者ごとに当たり外れがあります。中には、態度があまり良くない業者もいるようなので、その場合は契約せずに別の赤帽へ問い合わせたり、引越し業者を利用しましょう。

まとめ

赤帽を利用しようと考えている方は、引越し業者に依頼することも少し視野に入れることをおすすめします。というのも、引越し業者の引越し費用というのは、単身パックその他の割引でだいぶ安くなっているからです。以前はレンタカー引越し・赤帽引越しが格安だったのですが、現在は引越し業者でも十分格安で引越しをすることができます。

引越しの一括見積もりサイトを使えば、赤帽と複数の引越し業者の引越し費用を同時に見積もることができるので、一度利用されることをおすすめします。赤帽で引越しするよりも、引越し業者に頼んだ方が引越し費用が格安になる上に、引越し作業をしなくても良いので楽になるということも十分にありえます。

↓赤帽と引越し業者を一緒に見積もりするならコチラ↓
赤帽と引越し業者の一括見積もりサイト
引越し費用が最大50%お得!一括見積もりで格安引越しをしよう
【引越し価格ガイド】

 - 引越しのメリット・デメリット